りそな銀行住宅ローン

りそな銀行のフラット35は一般的な長期固定金利より低金利です!

こちらでは、りそな銀行が提供するフラット35という住宅ローンについてご紹介したいと思います。

 

 

フラット35は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間の金融機関と提携して提供している、長期固定金利を売り物にした住宅ローンです。

 

フラット35は、住宅金融公庫の時代から提供されていました。

 

2007年に住宅金融公庫から住宅金融支援機構へと業務形態は変わりましたが、この長期固定金利住宅ローンへ継続されています。

 

フラット35には、機構買取型と保証型の2種類がありますが、りそな銀行が提供しているフラット35は機構買取型です。

 

つまり、住宅金融支援機構が住宅ローンの債権を買い取って、債権を証券化して投資家から資金を集めるというしくみで、一般の住宅ローンの長期固定金利よりも低い金利で提供しています。

 

 

りそな銀行のフラット35には、次のような特徴があります。

 

長期固定金利

 

フラット35の最大の特徴は、住宅ローンの返済中、金利が変わらないことです。
現在、非常に金利が低い状態が続いています。
このまま低金利が続くのであれば、変動金利を選択すると最も低い金利の恩恵を得ることができます。
しかし、今後景気が回復して金利が上昇した場合には、低金利状態で長期固定金利型のフラット35を選択したほうが、結果的には総支払額が低くなるという可能性もあります。

 

 

最大8000万円まで借り入れ可能

 

りそな銀行のフラット35では、1000万円以上8000万円まで、1万円単位で借りることができます。
土地の取得費を含んだ住宅の建設費や購入費の90%以内という条件がありますので、残りの10%分と諸費用は、自己資金として用意する必要があります。

 

 

保証料、繰り上げ返済手数料が無料

 

フラット35では、ローンの連帯保証を住宅金融支援機構が行い、一般の住宅ローンのような保証会社を使いません。
その結果、保証料が無料になっています。また、繰り上げ返済については、100万円以上のまとまった金額で行なう必要がありますが、繰り上げ返済手数料は無料です。

 

 

タイプAとタイプBの2タイプ

 

りそな銀行のフラット35では、タイプAとタイプBの2タイプがあります。
タイプAでは金利がやや高いですが、ローン手数料が借入金額にかかわらず3万円です。
タイプBでは金利がやや低くなっていますが、ローン手数料が借入金額の1.8%となりタイプAとより割高になります。
例えば、借入金額3000万円の35年ローンを組む場合、タイプA(2012年7月の金利2.16%)の利子は1278万1155円、ローン手数料が3万円なので合計1281万1155円です。
タイプB(2012年7月の金利1.94%)の利子は1135万2176円、ローン手数料が54万円なので合計1189万2176円となり、ローン手数料を多く支払うタイプBの方が約92万円得になります。