りそな銀行住宅ローン

りそな銀行住宅ローンに関連する保険はどんなものがある?

こちらでは、りそな銀行の住宅ローンに関連する保険についてご紹介したいと思います。

 

 

 団体信用生命保険

 

りそな銀行の住宅ローンでは、基本的に団体信用生命保険に加入しなければなりません。

 

保険料はりそな銀行側が支払いますので、ローン債務者が負担する必要はありません。

 

フラット35の場合は、住宅金融支援機構の定めでは、団体信用生命保険への加入は任意ですが、提携先のりそな銀行側が、原則として加入するということを条件にしています。

 

フラット35では、保険料はローン債務者が負担しなければなりません。

 

 

団体信用生命保険では、住宅ローンの残高と同額の生命保険を掛けます。

 

従って、ローンの返済が進んでローン残高が減ると、保険料も下がります。

 

保険加入者が死亡するか、高度障害を追うと、住宅ローンの残高に対応する保険金が支払われますので、そのお金で住宅ローンを完済することができます。

 

従って、残された家族が住宅ローンの返済に苦しむということはありません。

 

 

りそな銀行の団体信用生命保険では、3大疾病に対する特約を付加することもできます。

 

3大疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中を指します。

 

これらの病気になり、所定の条件を満たすと、保険金が支払われますので、住宅ローンを完済し、以後の住宅ローンの支払はなくなります。

 

保険料は、金利を0.25%上乗せするという形で、ローン債務者が支払います。

 

 

また、持病がある場合には、団体信用生命保険に加入できない場合があります。

 

そのような場合にも、ワイド団信であれば、一定の条件を満たせば、保険に加入することができます。

 

例えば、高血圧、糖尿病、肝機能障害などの持病があっても、保険に加入できる場合があります。

 

ワイド団信の保険料もローン債務者が支払います。支払い方法は、ローン金利に0.3%上乗せする形になります。

 

 

 りそな住宅ローン返済支援保険

 

病気や怪我で仕事ができなくなると、収入がなくなりますので、住宅ローンの返済に窮する可能性があります。

 

りそな住宅ローン返済支援保険は、そのような状況をカバーする保険です。

 

30日を超える病気や怪我による入院(医師の指示による自宅療養を含みます)の場合に、最長3年にわたって保険金が支払われます。

 

保険金は、月々およびボーナス月の住宅ローンの返済額相当です。

 

なお、天災危険補償特約がついていますので、地震・噴火・津波などによるケガを原因とする就業障害についても補償されます。

 

 

 りそな住宅ローン専用火災保険

 

団体割引が適用されますので、保険料が割安です。

 

また、住宅ローンの返済期間に合わせた契約も可能です。

 

保険金額を限度に新築価格を基準に保険金が支払われますので、建物の再建が可能です。

 

また、火災保険に合わせて、家財への保険や地震保険に加入することができます。


住宅ローンの役立ちリンク集

住宅ローン減税とはどのような制度で税金がいくらくらい控除されるのでしうか?2015年(平成27年)の住宅ローン減税の控除や適用条件について詳しくご紹介する専門情報サイトです。