バイセル切手買取口コミ

\切手を高く売るなら/
【バイセル切手買取の口コミ】

トップページ

タンスの奥でそのままに……
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で切手が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった切手を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】切手を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

切手は年々人気が下火になっているようです。そこで、できるだけ早く人気があるうちにということで買取・売却を考える人が増えています。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

予定していた切手以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

\切手を高く売るなら/
【バイセル切手買取の口コミ】

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【切手買取実績はこちら】
日本切手、小型シート、ゆうペーン、ふるさと切手、年賀切手、お年玉切手シート、戦前切手、記念切手、特殊切手、普通切手、中国切手、国連切手、海外切手、外国切手、収入印紙、年賀状、ハガキ、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

バイセル切手買取まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている切手などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

バイセル切手買取口コミまとめ

切手の種類一覧

切手シート、記念切手、特殊切手、中国切手、外国切手、軍事切手、趣味習慣、文通習慣、琉球切手、寄付金付切手、収入印紙、年賀切手、飛行試行、赤猿切手、毛沢東切手、ふるさと切手、ゆうペーン、プレミア切手、クリスマス切手、オリンピック切手、刺繍切手、文化大革命切手、軍隊の日の切手、第一次昭和切手、第二次昭和切手、戦前切手、文化人切手、国宝切手、桜切手、観光地百選切手、天体切手、和の文様切手、天然記念物切手、月に雁、見返り美人、明治銀婚記念切手、日清戦争勝利記念切手(北白川宮能久)、大正婚儀記念切手、日韓通信業務合同記念切手、日露戦争凱旋観兵式記念切手、大正大礼記念切手、裕仁立太子礼記念切手、裕仁立太子礼記念切手(儀式のかんむり)、世界大戦平和記念切手、飛行郵便試験記念切手、第1回国勢調査記念切手、明治神宮鎮座記念切手、郵便創始50年記念切手、皇太子裕仁帰朝記念切手、皇太子裕仁台湾訪問記念切手、皇太子裕仁結婚式記念 不発行切手、大正銀婚記念切手、万国郵便連合UPU加盟50年記念切手、関東局始政30年記念切手、切手趣味週間記念切手(見返り美人)、郵便週間記念切手(月に雁)、桜切手和紙政府印刷二十銭、野口英世切手、福沢諭吉切手、夏目漱石切手、坪内逍遥切手、九代目団十郎切手、新島襄切手、狩野芳崖切手、内村鑑三切手、樋口一葉切手、森鴎外切手、正岡子規切手、菱田春草切手、西周切手、梅謙次郎切手、木村栄切手、新渡戸稲造切手、寺田寅彦切手、岡倉天心切手、1銭5厘切手、3銭切手、4銭切手、5銭切手、8銭切手、10銭切手、20銭切手

切手買取によくあるQ&A

今一番注目されている切手買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い切手が大量に出てきました。切手の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。切手の枚数が多いほど買取価格が上がります。

切手を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な切手を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる切手は人気の色や柄などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

【バイセル切手買取の口コミ】コラム

切手を売りたい、どうしようというとき、切手買取専門のお店も数多くありますが、金券ショップでも買い取ってもらえるので、利用してみましょう。

金券ショップは多様なお店があちこちにあり、切手の買取も数多く行われているので気軽に利用できるのではないでしょうか。

いつも同じ価格で買い取ってくれるものではなく、また業者によって買取価格は異なるので、どこのお店が高い値をつけてくれるか、比較検討してから決めるのが賢いでしょう。

大抵は、切手は郵便物を送る際に消印を押されて使用後は特に要らなくなるものです。

普通はそうですが、そういった古い切手でも、もしもデザインだったり、希少性だったりに価値があると認められた場合、買取価格が高い値段になることもあります。

もしも、あなたの家にある古い切手の価値がどうなのかは不明ならば、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。

自宅に届けられた郵便物に思いもよらず使用してある切手が高価値の場合があります。

そんな時には、切手を買取に出しましょう。

万が一消印が押印されていたとしても支障はありませんが消印のない切手と比べた場合、買取値は下がります。

珍しい切手があれば業者に買い取ってもらってみてください。

驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。

使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換した方が、葉書に換えるより高く売れるのです。

切手買取専門業者で高く買い取ってもらうことをねらい、手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう郵便局に行きましょう。

そして、売るときには、買い取る店ごとに査定額はかなり違います。

複数の業者に見てもらい買取価格が一番高かったところで買取をお願いしましょう。

切手というのはコレクターがいて、その人たちからの需要が大きいということを理解された上で発行されており、切手それ自体にはそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、折に触れて記念切手が発売されます。

そういう風な経緯で発行された記念切手というものは買取価格が高い値段になることもよくありますが記念切手でも、手に入りやすいものならばそう高く売れることはないです。

あまり期待しない方がいいですね。

お年玉付き年賀はがきで記念切手をもらえることは多く、気がつくと意外に貯まっていました。

私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、年賀切手は日常の文書に使えず、切手を使うことはないと気づきました。

いつも通るところに金券ショップがあったので、今まで貯まっていた年賀切手をまとめて持って行きました。

簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、全部換金できたので少しリッチになりました。

旧価格の切手が手元にあり、換えてもらって新価格の切手にしようという時には、それら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料を支払う必要があります。

1枚当たり、5円の手数料が10円以上の切手では必要で、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。

いっそ新しく買った方が、賢明な場合も多いですし、状況により、買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。

出来るだけ切手を高く買い取ってもらいたければやはり当然ですが、汚れていない綺麗なものの方がその分、高く売れます。

したがって、良好な保存状態を保ち、直接触らずピンセットを使って切手を取り出すなど丁寧に取り扱い、いい状態を保ってください。

日常的に保存の状態に気を配り汚れが付いたりしないようにすることがポイントです。

家に未使用の要らない切手があるのなら、おすすめなのは、買取専門業者に買い取ってもらう方法です。

依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから「高く売りたい」というのならとにかく、査定依頼を行い、金額を比べることをお勧めします。

それ以外にも、時期に合わせて相場も変わっていくため、買取表を公開しているようなインターネットサイトで一度チェックしてみてください。

周知の事実ですが、本来、切手は一般的に郵便物に使うような大きさに切り離されて一枚ずつではないわけです。

元々はそういった切手がいくつか纏まった、いわゆる「切手シート」として印刷されます。

切手の買取の際は切手シートとなっていても買取はしてもらえて纏まっていない切手で売るより高く買い取られることになることが多いです。

切手買取サービスのお役立ち情報

\おすすめの切手買取業者なら/
【バイセル切手買取の口コミ】

切手の高価買取なら